本に関する豆知識をご紹介します。

トップ > 製本豆知識 > ページ各部の名称

製本豆知識

ページ各部の名称

1 柱
2 写真・図版
3 キャプション
4 段間
5 段組
6 ノンブル
7 天の余白
8 版面
9 小口の余白
10 地の余白
11 のどの余白
12 見開き

1 柱

2 写真・図版

各ページの紙面の余白につける書名・章名・節名などの見出しやコーナータイトルなどを表記したもの。基本版面とのアキは本分1字程度。

雑誌、書籍の中で掲載する各種の図や写真。本文内容の理解の助けや読むときのアクセントとなる。基本的に関係記事のページの天・小口とするが、それに限らないことも。但し、本文の関係記事より前に組むことは避けるべき。

3 キャプション

4 段間

写真や図版を解説する文章。図版のフォローが目的。原則として、図版(写真)の下に付けるものだが、上の場合もある。本文に使用する文字より小さくすること。

段の間隔。本文文字の二字分が基本。二文字分以下にすると、かなり読みづらくなる。

5 段組

6 ノンブル

1ページの版面を2つ以上のブロック(段)二区分して組む方法。

各ページの順序を示す数字、ページ番号のこと。

7 天の余白

8 版面

版面から天までの余白部分のこと。柱がここに置かれることも多い。

はんづら。本文組が入るスペースのこと。前ページにわたってレイアウトの基準となる。ページ内で本文を組むところを言う。ノンブルや柱は含めない。

9 小口の余白

10 地の余白

版面から小口までの余白部分のこと。

罫下。ページの下部のこと。

11 のどの余白

12 見開き

読みにくくなるため、この部分に印刷されることはほとんどない。

本を開いたときの左右の奇数・偶数の2ページを合わせていう。

その他、用語解説

行間

 : 

隣接する行と行との間のアキのこと。本文の文字の半分(二分)から字分(全角)までに設定するのが一般的。

行送り

 : 

隣接する行と行との基準点間距離。例えば、行の中心から次行の中心までの距離。

字間

 : 

隣接する文字と文字のアキ。

字送り

 : 

隣接する字と字との基準点(例えば文字の上端)間の距離。文字の大きさと同じ字送りにすると字間はベタになる。

字詰め

 : 

行の長さ。使用される文字の次数で指定する。